自店商圏の分析と把握を!

(※こちらはバックナンバーです。最新のメールマガジンは会員の方のみに配信致しております。)

お世話になっております。

今週はルパンが導入されました。
導入台数は店舗によって極端ですが、結果はいかがでしょうか?

↓表が見られない方はコチラから↓
/imgml/20180810/20180810.jpg

SISでも弊社のデータでも20,000枚近い数値になっています。
勝率も35%を超えており、一見数値が良く見えます。

しかし、C単価は安めで、MYも小さい数値となっております。

打感は悪くないのですが、差枚数が出にくくなっており
引きが悪いとボーナスに入って数ゲームで終了する事もあります。
また、大当たりが数ゲームで終わるとリピートに繋がらない遊技となってしまいます。

初当たりが重いので消化スピードは速いですが、夜からの稼働も見込めません。
長時間遊技をすると分かるのですが、下皿でメダルを出し入れする時間が長く、今後の稼働は厳しいと感じます。

現在、新台も厳しく、ジャグラーも買えるところは限られており、
30Φも増やす客数ではない状況です。
中古導入もほぼ全ての機種が一巡してしまっている状況だと思います。

その中、あと半年で旧基準機比率を15%にしていかなければなりません。

この規制は機械を揃えて完了するものではなく、
地域商圏のユーザーを把握し、機種からではなくユーザータイプから囲い込む戦略を立てなくては厳しくなってしまいます。

まずは自店商圏を分析し、把握することから全てが始まります。

弊社ではご契約店舗様向けに、詳細な商圏の分析も行っております。
お気軽にサポートまでお問い合わせください。

よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です